秋の京都へ行こう-大徳寺のある洛北エリア

大徳寺から歩いて約15分ほどの距離にある、朱色の門が印象的な今宮神社にも足を運びたい。

今宮神社

『玉の輿神社』として有名な、紫野 今宮神社

平安建都以前より、疫神を祀る社があったと言われていますが、建都ののちに平安京が都市として栄えた一方で、疫病や災厄に悩まされ、これを鎮めるために各地で盛んに御霊会が営まれました。都の悪疫退散を祈り、紫野御霊会を営んだのが今宮神社の起こりだそうです。
また、今宮神社は別名『玉の輿神社』とも言われています。徳川五代将軍綱吉公の生母桂昌院(けいしょういん)は、西陣の八百屋に生まれ、従一位という女性として最高位にまで昇り詰めました。
桂昌院は、故郷である西陣の興隆に努めるとともに、産土の社今宮神社の再興にも力を尽くし、お玉さんと呼ばれていたことから、『玉の輿』の語源となったとも伝えられています。

今宮神社の『あぶり餅』

参拝が終わった後には、東門を出た参道にある『あぶり餅』を食べたい。
『あぶり餅』とは、きな粉をまぶした餅を竹串に刺し炭火であぶり、白味噌のたれを塗ったもので、甘じょっぱくてとても美味しいです。

今宮神社 あぶり餅

ちなみに参道を出ると、向かい合って2軒のあぶり餅屋さんがあります。
北側の『一文字屋和輔』と南側の『本家根元かざりや』です。

今宮神社 あぶり餅

どちらも一人前500円(お茶付き)で、『あぶり餅』を提供しています。
一人前ペロリと食べきれる量なので、食べ比べて味の違いを発見してみてはいかがでしょうか。

今宮神社 あぶり餅

世界文化遺産 上賀茂神社

正式名称は、『賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)』と言い、京都で最も古い神社です。

上賀茂神社

天武天皇が世を治める678年に、賀茂神宮が造営され、現在の社殿の基が築かれました。そして、桓武天皇による平安京遷都以降、皇城鎮護の神として厚く崇敬されてきました。1994年には、23万坪の境内全域が世界文化遺産に登録されています。

上賀茂神社

細殿前にある『立砂(たてずな)』の謎

二の鳥居をくぐると、細殿前に円錐形をした二つの砂山が見えてきます。
この一対の盛り砂は、『立砂(たてずな)』と言われ、賀茂別雷大神が最初に降臨されたと伝えられる神山(こうやま)を模しており、魔を払う力があると言われるパワースポットです。
ちなみに、鬼門や裏鬼門に砂をまき清める習慣は、この立砂が起源とされています。

上賀茂神社

縁結びの神様 『片山御子神社(片岡社)』

境内には、賀茂別雷大神の母である玉依比売命(たまよりひめのみこと)を祀る『片山御子神社(片岡社)』があります。
古来から縁結びの神様としても有名で、紫式部がお参りをしたことでも知られ、片岡社にちなんだ和歌も詠んでいます。

紅葉を愛でつつ、大徳寺の特別拝観、玉の輿神社として知られる今宮神社、知る人ぞ知るパワースポットである上賀茂神社など、見どころ満載の京都洛北エリアを旅してはいかがでしょうか。

ページ: 1 2

by
関連記事